MENU

LDL・悪玉コレステロールを下げるための方法とサプリメントを紹介

総コレステロールの検査基準値とは

健康診断の検査結果に、総コレステロールというものが含まれていることがあるかもしれません。一般的に、コレステロール値が高いといわゆる血液ドロドロの状態になりやすく、動脈硬化の原因となり、ひいては心筋梗塞や脳梗塞といった循環器系の疾患を起こしやすくなります。
総コレステロールの基準値は140〜199mg/dLです。これ以上高いと述べたような状態を引き起こしやすくなります。ですから、これよりも高いときは食事療法、運動療法をまず行い、日常生活習慣の改善により検査値が基準値内となるように指導されます。さらに、これらの生活習慣の改善でもなお基準値内にならない場合は、薬による治療が検討されることになるでしょう。
ところで、では総コレステロールは低ければ低いほどよいかというと決してそんなことはありません。基準値を見ても分かるように、140mg/dL未満であってもまた基準値を外れてしまうのです。実はコレステロールとは私たちは生きていくうえで欠かせない物質です。コレステロールはあらゆる細胞の細胞膜の構成成分であり、一部のホルモンはコレステロールから作られます。そして、消化液の一つである胆汁にもコレステロールが含まれています。ですから、あまりに低すぎることも問題で、何か病気が隠れていないか再検査されることもあります。

LDLコレステロールとHDLコレステロールの関連性

LDLコレステロールとHDLコレステロールはどちらもリポタンパクとして血中に存在しており、それぞれ悪玉コレステロール及び善玉コレステロールと呼ばれています。
どちらもコレステロールを血中でコントロール・運搬する作用は共通していますが、LDLは肝臓に蓄積されたコレステロールを全身へ運ぶのに対して、HDLは血管の壁などに付着したコレステロールを除去した上で肝臓へ戻す役割があります。
そのため、LDLコレステロール側の比率が高まった場合は血管や内臓へ送られるコレステロール量の増加を起こす結果となり、動脈硬化や命に関わる様々な疾患のリスクが生じるといわれています。
LDLコレステロールは悪玉として扱われますが、HDLコレステロールと合わせて人の身体に不可欠な存在であり、双方のバランスを維持する心がけが最も大切です。
一般的にLDLコレステロールは脂っこい食生活が中心である状況に加えて、過度な飲酒と暴食・喫煙が影響しやすく、生活習慣を改める選択が大きな改善に繋がっていきます。
また、魚や野菜を定期的に摂取するバランスの良い食事が効果的で、適度に運動を行い肥満体質へ陥らないよう警戒しておくと、コレステロールのバランスが崩れる状況の回避に役立ちます。

 

LDL・悪玉コレステロールを下げるということを考えたときにオメガ3脂肪酸という成分が注目されています。
その中でもDHAやEPAという成分が注目です。
そこでこちらのEPAサプリではいろいろなEPA配合商品を紹介しているのでよければ参考にしてみてください。

 

総コレステロールの低下なら栄養素の狙い撃ち

?大汗を流して食物の一つひとつの選び方を工夫して総コレステロールが一向低下しないことは、本人の努力不足が関係しているというよりも栄養素との相性の問題から目立った成功に結びついていないと考えるのが妥当です。総コレステロールが心配になるほどの数値に達してから対策を練っていたのであれば、丹念に行わなくても済んでしまう妙案を求めがちになってしまって最終的に全ての行動が良好に結びついて作用する頻度が低くなってしまうと言えます。もしも総コレステロールを正常化するために動き出さなければ問題事の発生が避けられない状況が生じているのならば、特定の栄養素に的を絞り摂取するように心がけるのが賢く短期間のうちに課題解決に至れる可能性が向上します。総コレステロールの悩みを抱いたままの感情で運動しても精神の爽快さを妨げているなら、心地の良い汗を流すという結末に結びつくことはなくて単純に運動不足を解消するに過ぎないです。効率性を追求して総コレステロールに対応するのは大切なので、自身の現状にとってどのような栄養素が必要なのかを見定めて摂取するようにしましょう。問題がある分野を狙えば、回り道するということは不要になります。

運動が及ぼすコレステロール改善

?汗が滲む程度の運動を頑張った結果として、コレステロールの悩み事を改善する効果が期待できることを頭の中では理解している人たちがいます。行動に移すまでの気持ちが固まらないという現象が起こっているのならば、社会生活上の不都合な事実が脳内を駆け巡ってしまっているがために踏み切ることがままならず健康的な体を入手する機会を失っていることを自覚するべきです。怪我をしてしまったら生活の糧を得る方法が他に想起で着なくなってしまうほどの日常を送っているような人であるなら、屋外で伸びやかに体を動かすことに抵抗感が生じてしまうのは仕方がないと考えられます。途中で転ぶなどして手や足を負傷して仕事の生産性が著しく低下する事態に陥ったのであれば、食事の材料などを得ること自体が困難になってしまうからです。安全に行う課題を解決することができれば思い腰を上げられると信じて疑わないでいられるのなら、室内に徒歩用の器具を導入するなどして環境の構築に励むに越したことはありません。室内であろうとも不注意によって負傷する確率は皆無ではないために、怪我を防止するための体に装着する道具を取り入れつつ最大限に安全に配慮するのが効果的です。

コレステロール値を下げて予防したい動脈硬化

動脈硬化は加齢などにより進行します。年齢を重ねるごとに動脈硬化が悪化する可能性は誰にでもあります。しかし、それぞれの食生活や運動などの生活習慣により違いが見られます。より動脈硬化の悪化を送らせたい場合は、生活習慣病と言われる糖尿病、高血圧、高コレステロール血症を予防する事が大切です。特にコレステロール値が高いと、血管の内壁が狭くなり、動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性が高まります。コレステロール値を下げるのに効果的な方法は、体重を落とすことと食事内容を和食中心に変える方法がメインです。体重を落とすためには運動量を増やし、食事量を減らすと効果的です。お腹いっぱいまで食べることを控え、腹八分目を心がけましょう。運動は身体に負担がかからず、毎日継続することができるウォーキングやストレッチを中心に行いましょう。エレベーターの使用を減らし、階段の昇降をするだけでもかなりの運動量になります。体重の減少と比例してコレステロール値は下がります。このように運動と食事内容の見直しをして徐々に体重を減らすと生活スタイルを変化させることなく自然に動脈硬化を予防する生活に変えることができます。無理な運動やダイエットはリバウンドなどの危険性があり、お勧めできるものではありません。